群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続の承認

 相続による財産上の権利義務の承継は、相続人の意思に関係なく当然に
 発生します。
 しかし、被相続人に多額の負債があった場合などは相続したくないと考えることも
 考えられます。
 そこで、相続の承認・放棄の制度を通して、相続人に選択権を与えています。

 相続の承認・放棄は、相続人が自己のために相続の開始があったことを
 知ったときから3ヶ月以内(熟慮期間内)にする必要があります。

1.相続の承認
 ①単純承認
  単純承認とは、相続人が被相続人の権利義務を無限に
  承継することをいいます。
  相続人が、3ヶ月以内に限定承認も相続放棄もしない場合は
  単純承認したものとみなされます。
 (1)法定単純承認
  法定単純承認とは、いつまでも相続財産が誰に帰属するか不明なままでは
  不安定な状態が続くため、単純承認したものとみなすことをいいます。
  相続関係早期に確定させようという趣旨です。

 法定単純承認とみなされるもの 
  ・相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき
   (保存行為及び短期賃貸を除く)
  ・熟慮期間内に限定承認または相続放棄をしなかったとき
  ・相続財産の全部もしくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、または悪意で
   これを財産目録中に記載しなかったとき

 ②
限定承認
  限定承認とは、相続人が相続によって得た財産の限度内で
  被相続人の債務及び遺贈を弁済することをいいます。
  相続人が自己のために相続の開始があったことを知ったときから
  3ヶ月以内にする必要があります。単純承認と同様です。
  ただし、相続人が数人いる場合には、共同相続人全員が共同して
  限定承認する必要があります。
 
 


 ⇒無料相談をご利用希望の方はこちらへ


お気軽にお問い合わせください


お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから