群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

遺言による相続

1.遺言による相続
 遺言書がある場合には遺産分割協議や法定相続よりも優先する為、
 まずは遺言書があるか確認する必要があります。

 公正証書遺言であれば、公証人役場で保管してあります。
 自筆証書遺言などの遺言書の場合には家の中だけではなく、
 銀行の貸金庫や知り合いの方などに預けていることもあります。

 公正証書遺言以外の遺言書が見つかった場合には、勝手に開封せず
 家庭裁判所に検認の申立ての手続きを取る必要があります。

 遺言に基づく相続登記をする場合には、必要書類はその不動産を相続する方
 以外の相続人は戸籍謄本や住民票の写しは必要ありません。


 ⇒無料相談をご利用希望の方はこちらへ


お気軽にお問い合わせください


お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから