群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

遺産分割


遺産分割に関するご相談はこちらから  ここでは、遺産分割についてご説明致します。
 遺産分割
とは、相続の開始によって相続人の共同所有
 に属している相続財産の全部又は一部を、各相続人の
 単独所有もしくは新たな共有関係にする手続のことを
 いいます。
 相続の開始と同時に、被相続人の財産は相続人に移転
 します。相続人が1人の場合は、遺産は相続人の単独
 所有になり、分割の問題は生じません。
 しかし、相続人が複数人いる場合、遺産の共同所有に
 なりますので相続人に確定的に帰属させる手続が必要
 となります。

1.遺産分割の方法
 遺産分割の方法には、遺言による分割、協議による分割、調停による分割、
 審判による分割の4種類があります

 さらに、遺産の価額に着目した分割方法として
 a.現物分割  個々の財産をその性質や形状を変更することなく相続人に
          配分する分割方法
 b.代償分割  相続人の一部にその相続分を超える財産を取得させ、
          他の相続人に対し債務を負担させる分割方法
 c.換価分割  遺産を売却処分してその価額を分配する分割方法

①遺言による分割
 遺言による分割とは、被相続人が遺言で各相続人の取得すべき相続分を
 具体的に定めてする分割をいいます。また、遺言で具体的相続分を定めることを
 第三者に委託することができます。

 例えば、「妻には自宅の土地と建物を、長男には田を、長女には現金500万円を
 相続させる」 というものが該当します。

②協議による分割
 協議による分割とは、相続人全員の合意により遺産分割する手続をいいます。
 最も一般的な分割方法といえます。相続人は、被相続人が遺言で分割を
 禁じた場合を除き、いつでも協議で遺産の分割をすることができます。 
 協議の成立には、相続人全員の意思の合致が必要です。
 
 相続人全員の意思の合致がある限り、分割の内容は相続人の自由に
 任されており、指定相続分あるいは法定相続分に従う必要はありません。
 したがって、特定の相続人の取得分をゼロとするような分割協議も 有効と
 考えられています。
 協議が成立した場合、遺産分割協議書を作成します。 
 遺産分割協議書には各相続人が署名するとともに実印を押印します。
 
 → 遺産分割協議書についてはこちらから

③調停による分割
 調停による分割とは、相続人間で遺産分割の協議が調わないとき、
 または協議をすることができないとき、各相続人は、その分割を家庭裁判所に
 請求してする分割方法をいいます。 
 協議が調わないとは、分割の方法について相続人間の意見が一致しない場合、
 分割をするかしないかについての意見が一致しない場合をいいます。

④審判による分割
 審判による分割とは、遺産分割の協議が調わなかったり、
 協議ができないときは、各相続人は家庭裁判所に対して、遺産分割の審判を
 請求することができます。 
 遺産分割の調停を申立てたが、遺産分割調停が不成立となった場合、
 調停申立時に審判の申立てがあったものとみなされ、審判手続に移行します。


 無料相談をご利用希望の方はこちらへ


お気軽にお問い合わせください


お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから