群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

収集運搬に供する施設を有すること

1.施設に関する基準を満たすこと
 申請者が以下の基準に従い、必要な施設(運搬車・運搬容器等)を
 有することが必要です。

 ①産業廃棄物収集運搬業の場合 
  産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、
  運搬船、運搬容器その他の運搬施設を有すること 

 ②特別管理産業廃棄物収集運搬業の場合 
 (1)特別管理産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない
  運搬車、運搬船、運搬容器その他の運搬施設を有すること
 (2)廃油、廃酸又は廃アルカリの収集又は運搬を業として行う場合には、
  当該廃油、廃酸又は廃アルカリの性状に応じ、腐食を防止するための措置を
  講じる等当該廃油、廃酸又は廃アルカリの運搬に適する運搬施設を有すること 
 (3)感染性産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、
  当該感染性産業廃棄物の運搬に適する保冷車その他の運搬施設を有すること
 (4)その他の特別管理産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、
  その収集又は運搬を行おうとする特別管理産業廃棄物の種類に応じ、
  当該特別管理産業廃棄物の収集又は運搬に適する運搬施設を有すること

2.施設の使用権限を有すること
 申請者は、継続して施設の使用の権原を有することが必要です。

 ①車両の使用の権原は自動車検査証の使用者が申請者と
  同じであることが必要です。
  自動車検査証の使用者が申請者と異なる場合は、貸借契約書又は車両の
  賃借等に関する証明書等により使用の権原を明らかにすることが必要です。
 ②収集運搬の用に供する施設のための、車両の保管場所を
  確保することが必要です。



お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから