群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続手続き関連

 Q:相続人になれる人は?
 A:相続人となれる人は、民法の定めに従い、決まります。

 ex) 被相続人Aの遺産が、現金のみ 金1,500万であった場合
 ①  A(被相続人)
   
   B(妻)
   C(長男)
   D(次男)
   E(三男)

 相続分は、配偶者の妻が2分の1、子全員で2分の1となります。
 つまり、妻B          が 金750万円
      子C・D・Eが 金250万円ずつ となります。

 ② A(被相続人)        
 
   B(妻)
   C(長男)→既に死亡
   D(次男)→既に死亡
   E(三男)→既に死亡
   F(Aの父)
   G(Aの母)→既に死亡

 相続分は、配偶者が3分の2、被相続人の尊属である父が3分の1となります。
 つまり、妻Bが 金1,000万
      父Gが 金  500万 となります。

 ③ A(被相続人)        

   B(妻)
   C(長男)→既に死亡
   D(次男)→既に死亡
   E(三男)→既に死亡
   F(Aの父)→既に死亡
   G(Aの母)→既に死亡
   H(Aの兄)

 相続分は、配偶者が4分の3、兄が4分の1となります。
 つまり、妻Bが1,125万
      兄Hが  375万 となります。

 以上が、法定相続分(民法で定められた相続分)の計算の原則となります。

 ①が当てはまる場合は、②は適用されない。
 ②が当てはまる場合,③は適用されない。
 つまり、注意していただくことは、
 (1)配偶者がいる場合、必ず相続人となること
 (2)順位が上位のものがいる場合、例えば、子も尊属も健在である場合、
   上位のものの子だけが、相続人となることです。
  他に例外規定もありますが、以上が大原則となります。


 Q:被相続人の相続人を決めるには?
 A:被相続人の出生から死亡までの戸籍を確認して、確定します。
   養子縁組や廃除などの記載の有無を確認することもします。

 Q:遺言書が出てきました。どうしたらいいでしょうか?
 A:自筆証書遺言に当たりますので、家庭裁判所に検認手続きを請求します。
   被相続人が作成した遺言書であるか、無効となる記載などの
   確認作業を行います。



お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから